セレブっぽい! 週末に、大学サークルの後輩N川くんの、結婚お祝い会に行ってきた。

 N川くんは弁護士で、新婚で、これから海外留学…とくらくらするほど、セレブなかんじなんだけど、学生時代からさわやか君で、不思議なほどみんなに慕われていた。こういう人って、ホントにいる。

 ほかの後輩たちとも話して、みんなそれぞれに頑張ってるなあ〜、プー一歩手前なのは私だけ!? みたいなかんじで、でもまあ、漫画入りの名刺がちょっと受けていい気になってもみたり。というような、楽しい会でした。


 私が所属していたのは、ボランティアのサークルで、東大内ではそんな酔狂な(笑)ことをやってる珍しい一団だった。今でもみんなけっこう腰痛持ちで、腰痛話で盛り上がったりした。

 私は、介助とか全然やるつもり、なかったんだけど、手話を覚えたいなあと思ってて(高校生の頃、聾学校の人と仲が良かったから)ここのサークルにひっかかったのだった。まぁしかし、ハードなボランティア生活だったな〜、だいたい泊り込みだったし。

やばいんじゃない? 多くの東大生は、スポーツとかさわやかな感じの(でもインカレで、他の女子大生狙いだったりもするんだけど)サークルに参加して青春を謳歌していたけど、たまーに悪い宗教にひっかかっちゃう人もいた。

 「洗脳に注意しよう」といったビラが配られたりもしてたなあ〜。オウム事件のときに、同級生がテレビに映っていたよと言ってた先輩もいた。

 真理を見つけた! と力説していたSくんはどうしているのだろう?


駒場の学生会館 サークルと言えば、いつもみんなでだらーっと時間を過ごしていた学生会館(ガッカン)のことを思い出す。

 印刷機の音と、すごくうるさいざわざわと、ほこりっぽい空気。汚かったけど、懐かしい。でも、もうないんだっけな。新しくなったはず。

 さて、過去を振り返ってると、なんだかおばあちゃんっぽい気分になっちゃうので、このへんで。

 N川くん、おめでとう。駒寮のトイレで撮った写真が出てきた〜!

クリックありがとう←ランキングに参加中。毎日励みにしてます。