たん子の通う学校は、家庭訪問がなくて、年に2回、担任の先生と個人面談をする。今日がその面談の日だった。担任の先生が新任なので、どんなかんじなのかな〜という気持ちで学校へ向かう。予想通り、つつがなく終わった。先生は、若いからかなあ、もうちょっと深く見て欲しいと思うんだけど、細かく気になるところいくつか、先生に伝えられたから良かったかな。

 たん子は、今のところ、学習面も生活面も、そんなに大きい問題はないと思うんだけど、私としては「もうちょっと頑張って欲しい」っていう気持ちがあるんだよねえ。その「あとちょっと」って何なのか、どうやったらそういうモチベーションが出てくるのか、うーん…ってかんじ。勉強も、まあ、そこそこ。中学受験をするわけでもないしねえ。

 頑張ってるのは、合唱と水泳。これはどっちも楽しんでやってるから、がんばれ〜って思ってる。合唱は、というか、歌は、先日いちむらさんに指導してもらったんだけど、恥ずかしがりすぎて…、おいおいって思ったんだ。

 そう…、たん子にイマイチ足りないのは、向上心だ…。でもそういうのって、やっぱり親が言っても出てくるものじゃないのね。時期になったら、しかるべき人から影響を受けて出てくるんだろう。それまでは、ぼちぼちと見守るしかないんだろな〜。

 つい言いそうになっちゃう、「もうちょっと頑張ろうとか、思わないの?」って。でも、言わないようにしよーっと。

 心から好きなことが、それが仕事になるとかならないとかそういうことではなくって、見つかって、没頭できるっていう体験に、めぐりあえればいいなあと。

 まあ、そんなことを思った個人面談でした。