タクシーを使う経緯


そういえば今年のコミケ(2018夏コミ/C94)は、タクシーで行ったのでした。(帰りはいつもどおり電車)

私がいつもお願いしている印刷屋さんは、コミケの搬入はしていないのです。なので、持ち込む本は宅配便で搬入するか、宅配の時期(コミケの10日ほど前)に間に合わなかった場合は、自力で持って行くということになります。

ここ3年くらいですかねえ、電車で座れない確率のほうが高くなってきて、体力的に50〜100冊弱の本をビッグサイトまで運ぶのがなかなか厳しいと感じます。特に夏は!

タクシーアプリで予約


そういうわけで、今年の夏コミはタクシー搬入にチャレンジしてみました。東京都内、城北あたりより出発。自宅近辺は、流しのタクシーが通らないところなので、タクシーアプリ「全国タクシー」で予約しました。早朝6時台。予約時間、5分前に到着のお知らせが届いて感動。2、3年前に、悪天候になりそうな日に、タクシーアプリで予約したんですが、来なかったことがあったんだよね。雪で小さい子抱えてて、泣いた思い出。それ以来アプリは使わなくなってたのですが、今はちゃんと来るんだあ〜。また使ってみようと思ったよ。荷物は、運転手さんがトランクにいれていただきました。

近くのターミナル駅で売り子さんを拾って、ビッグサイトへ。日曜の早朝なので、すいすいです。私は、わりと都内を車で走るのは好きで、しかし車も持ってないし運転もできないので、たまにこうやってドライブできるのは、ちょっと嬉しいです。

20キロ弱、45分ほどで到着。7300円。1000円クーポンもらったのを使って、6300円の支払いでした。クレジットカードを登録していたので、お金のやりとりなし! あっけなくて驚きました。

IMG_4981


タクシー降車場



タクシーの降車場は、東ホールの脇で、ちょうど東ホールだったので、そのままホールのフロアに入れました。タクシー降車場は、次回も同じとは限らないので、コミックマーケット参加者証といっしょに入ってる地図に書いてあるので、よくチェックしなくちゃだよ…!

Screenshot_2018-08-26 東京ビッグサイト (東京国際展示場)

いつも青線のルートをえんえんと荷物を引いて歩いてたわけですから、これほど楽なコミケの搬入は経験ないわーというほどの楽さでした。

そのあとの暑さがけっこうな地獄でしたが…!そして、タクシーなので張り切っていつもの倍搬入したら、いつもの半分しか売れなかった!!!という悲しい結末に。。。

H1H4-01 - コピー

かわいそうだなーと思った人は、私の新刊を買ってあげてください! オリジナル乗り鉄ショート漫画です。フルカラーですよ!

★電子書籍→Kindle KindleUnlimitedなら無料
★冊子版→公式通販部/COMIC ZIN/メロンブックス