たんが所属してる合唱団に、岡本知高さんのコンサートで1曲歌ってほしいという依頼があって、みんなびっくり。あの有名な?テレビに出てる?Eテレにも出てなかったっけ? 小さな合唱団は、おおさわぎです。

IMGP7036


1曲といっても、唱歌メドレー『ふるさとの四季』で、15分ほどの曲。これを岡本さんと合唱団とで歌う。そして、ところどころ、ソリ(2〜3人のソロ?)があるのです。

↓参考までに、この曲を女声&ソリでアレンジして歌いました


うちは、未就学児ちゃんがいるので、私はリハーサルのみ聴きましたが、いやあ…いいホールねえ。たん子の歌声が、キラキラと輝きながら伸びあがっていくような。なかなか、心震える体験でした。

岡本さん、たくさんの曲を歌うのに歌詞の間違いもないし、とても礼儀正しく、子供でもきちんとひとりひとりの演奏者として扱ってくれていることに、改めてすごいなあと思いました。一度だけ、練習に合わせに来てくれたときがあって、その次の週に、ものすごくみんな上手くなったんだよね。あれ、すごいなあと思った。

IMG_5141


あとで思ったんだけど、ここ、オザケンのコンサートもやってたよねえ。同じ舞台に…。すごっ。やはり都会は、いろいろとチャンスが多いなあと思います。何年か前にも東京芸術劇場(池袋)でも歌ったし、オーケストラとも年に1〜2回は一緒にやっている。親としても、おこぼれで、いろんな舞台を見せてもらって(裏方のときも、それはそれで面白い)います。しかし、今回は特に特別な機会だったなあ…!