IMG_0003

掃除機(スティック型)の調子が悪くなって、ついに買い換えました。使っていたシャープの掃除機(フリードというシリーズ)は、けっこう壊れやすくて、ヘッドのところが2回壊れ、そして基盤がダメになったようで、スイッチのオンオフができなくなったことが買い替えの決め手でした。

夜中に突然掃除機が動き出して、ルンバになったのかと思った。びびった…!

掃除機、いろんな種類があって迷う。いろいろ検討して、結局またシャープ(Ractive Airのシリーズ)にした。別のメーカーにするなら、バッテリーを捨てないといけないのが、どうも、もったいなく。資源保護の観点で。

一番検討した項目は「重さ」で、マキタのが一番軽そうだったんだけどね。安いし。購入したシャープの機種でも、2.5キロ→1.5キロと、1キロ軽くなって、かなり違う。ヘッドも、モーターまわりの作りも、かなり簡素になってました。筒のところがカーボンになってて、軽量化への執念を感じる。先っぽが小さいと、使いやすい。

ダイソンはちょこっと触ってみたけど、どうも、取り回しが重くて、ダメだった。スティック型掃除機って、かなり手首に負担がかかるので、吸引力高すぎるのもちょっと大変。

家電って、買う前はいろいろ考えるけど、買っちゃったらもう、あんまり気にならない。とりあえずダメになるまで頑張ってもらいます。

そうこうしてたら、エアコンも調子悪くなってきて、あららら…困ったなあ。こっちは修理かなあ。