IMG_1268


絵本作家のアーノルド・ローベル展を見てきました。立川のプレイミュージアム。立川、遠いのでなかなか足を運べず、最終日の1日前にすべりこみ。

アーノルド・ローベルは「がまくんとかえるくん」シリーズで有名です。小学校の教科書に「おてがみ」という話が載っていて、とぼけたがまくんと、やさしいかえるくんの話が大好き。三木卓さんの訳もすごくよくて、『ばからしいこと いうなよ』『すぐやるぜ』というセリフを、ぽぽに何度も読んでもらって爆笑しています。

原画に打ってあるトンボは、紙をカットするトンボじゃなくて、スミ版と色版を合わせるためのトンボみたいですね。

スケッチもたくさんあって、やわらかいタッチが素敵でした。

カエル以外のほかの作品、マザーグースにちなんだもの、ふくろうの話、ちょっと怖い話…どれも読んでみたい。どの作品も、ローベルおじさんの人柄が表れているというか、なんてことない日常のできごとを、やさしくユーモラスに見せてくれるというところが、一貫していて、すばらしいと思いました。

IMG_1274

展示は、子どもも楽しめるような仕掛けがたくさんありました。あと、がま&かえるのアニメーションも世界観が深まって良かったです。遠いけど行って良かった。

自分用に、絵本とぬいぐるみバッジを買った!
IMG_1273


入場者に「おみやげ」として「いしりょく」のクッキーをもらいました。これも、絵本にちなんだ内容です。このクッキー、めちゃくちゃ美味しくて、これは我慢するのに「意志力」が必要だね、と、子どもたちと感心しました。
IMG_1275