image0

ミュージカル「モーツァルト!」を観に、帝国劇場へ。”宝塚以外のミュージカル”、何年ぶりだろ。帝劇も初めてです!格調高い劇場でドキドキしました。

あらすじとざっくり感想


おはなしの中心は、モーツァルト親子の確執。嫌だけど親から離れられない、離れても思い出す、そんなファザコンな気持ち中心にお話が展開されて、わりと重い話です。最後は、なぜだかモーツァルトが死んで終わった…。(・・?

お話は初見ではわかりづらいのかも。歌も、ふたり以上がかぶせて歌う曲(※)が多いので、初見で聴くのはちょっと難しいかと思いました。何度も見ると面白くなるんだろうな! でもチケットは1枚しか買えなかったので…笑

※たん子は「聖徳太子スタイル」と呼んでる、違う歌詞や音程で複数の人が歌う、ミュージカルによくあるシーン

楽曲の良さで、テンション高めのミュージカル。それと、大きな舞台セット、舞台がまるごとグランドピアノのようになっていて、ピアノのふたの部分が動いて高さのある舞台になったり、面白い仕掛けで、見入りました。

私のお目当ては


IMG_1334

お目当ては、宝塚時代にファンだった涼風真世さん。生で、間近で拝見できて、行って良かったと思った。そういえば、劇場で観たことなかったんだよね。あんなに好きだったのに。同じく好きだった、歌舞伎俳優の玉三郎様は見に行ったんだけど。チケットの買い方が分からなかったからかな。

役のヴァルトシュテッテン男爵夫人(どうしても覚えられない)は、モーツァルトをお父さんから引き離し、見守ってくれる。でも、どこか心が許せない人、という印象もあり。歌はもちろん、最高! 星から降る金、という曲が良くて、音源を探したけど涼風バージョンは販売されていないようです…残念。

6列目だったからホントに近くて、ドキドキしました。かなめちゃんのことを教えてくれたKちゃんに感謝をしつつ見ました。

ほかもいろいろ面白かった


主役のモーツァルトに、子役の“小さいモーツァルト”がいつもついてきてて、素晴らしい演技でした。たった10歳の女の子とは思えない、ひとりの素晴らしい俳優だと感じて、ずっと見てしまいました。台詞が一つもないのに、演技が細やかですごく伝わっていたし、立ち姿もきれいだった。

この“小さいモーツァルト”の演出は、とても面白いです。大人になったモーツァルトが、「天才児」扱いされたことに、とらわれているようでもあり、子どものころの気持ちのままで作曲をしている、というようにも見えた。

主要キャストとしては、お姉さん役の和音美桜さん、可憐な雰囲気と歌がすばらしかったです(この方も宝塚だわ)。幸せになってほしいひとナンバーワンだ。

とても目を惹きつけられた人は、お名前も全然知らなかった(ごめんなさい…)遠山裕介さん。有名なミュージカル俳優さんみたい。主演の山崎さんも、もちろん良かったけど、私は遠山さんのパッションがとても好きだったな。ダンスも良かった。役柄もあるだろうけどね。

妻のコンスタンツェ、木下晴香さん、きれいだね。喪服姿でも、白く輝いて見えるような。聴きたい曲のひとつが「ダンスはやめられない」だったので、テンション高く歌い上げる姿に、これぞミュージカル!と感じました。

今年は、ひとつは宝塚以外のミュージカルを見ようと思ってたので、それが叶えられました。

余談


帝劇のビルは地下街があるのですが、半分近いお店が閉店。
劇場は、満席でしたが。

image1