神保町 文房堂

年末に数日連続で、御茶ノ水に行く用事。学生の時は近くに住んでいたので、よく遊びに来ていたのだけど、とんと来なくなった街です。御茶ノ水〜神保町のあたりをうろうろ。このへんは、古い建物や区画が残っていて、散歩すると楽しい。

グランデのあたり

神保町の、古本屋がたくさん並んでるあたり。ブックカフェ、ブックホテルなどもある。子どもさん向けの本屋さん&カフェというお店があって、素敵だなーと入ってみた。小学生たちがわいわいと本を見てました。あと、書泉グランデを見て(主に鉄道・交通フロア)、すずらん通りをぶらりして、三省堂。雑貨屋さんやカフェが入り、いろいろ変わっているけど、本の並べ方が、昔とおんなじだ。

さっき見たリュックのおじさんを、また見かけた。速足で何かを一生懸命探している。ハンターの眼だ。

御茶ノ水、神保町は、趣味の街。学生も多いけど、中年・老年も許される。御茶ノ水あたりは楽器屋さんが多い。駿河台の坂を下り、スキーやスポーツ用品店、大きい書店のあいだを埋めるように、街並みを作っているのは、個人店だ。代替わりでお店を手放す人もいるかもしれない。でも、もうしばらくこの雰囲気、あるといいなあ。好きだったゲームセンター、天ぷら屋さんなど、無くなったお店も多数あるけれど。


食べもの屋はカレーが有名ですが、つけ麺屋さんとか、うどん屋さんなども多い。ちょっと敷居の高そうな喫茶店もあるし、カフェもたくさん。歩いて、買い物して、疲れたら休んで、本を読んで。何度来ても、たまらない街です。偶然、年末にここでのんびりする時間を持てて、良かったな。