鼻をかんだら、春菊が出てきてびっくり。何度かんでもずるずると出てくる…、という夢をみてしまった。恐ろしい。

 今週はバタバタしていた。掃除機が届く。冷蔵庫はまだ検討中。お風呂が水漏れ。新規のお仕事1件。イラストのラフが届く。たんがまた熱を出し、今日、また病院へ行ってきた。夏風邪、はやってます。私にうつりませんように…。

 関係ないけど、最近、単行本(ハードカバー)の値段が上がったなあ〜と思う。10年くらい前までは、1000円出せば買えたような気がするんだけど、最近は1300円、1500円、1700円なんてのもある。まあ数百円程度なんだけど、それでも「ちょっと高いなあ」と買い控えてしまう、ケチな私である。ちなみに最近はもっぱら図書館派。

 それはさておき、ポイントの時代。お店のポイント、プロバイダのポイント、携帯電話のポイント…。財布の中はポイントカードであふれ、レジに並ぶときにいちいち探さなくてはならず、見つからないときは「なんか損した気分」になる。

 そして、いろんなポイントが合体する、という風潮がブームのよう。いわく、Suica+ビックカメラとか、楽天とどこかのプロバイダとか。それでホントに便利になっているのかなぁ、っていうのが疑問。

 以前はそこそこ大手のお店やプロバイダであれば、安泰に儲かっていたけれど、そこにさらにお金の流れ(キャッシングとかね)を無理やり入れて、手数料で小銭稼ぎをしようとしているように見える。会社っていうのは、いつもいつも「より多くの利益を」追求しているものだから、そうやってちまちまと稼がなくちゃいけないっていう仕組になってしまっているのは分かるんだけど。でも、そういうシステムを作ったり、手数料を払ったり、そこにかかるお金っていうのが、結局買う人・サービスを利用する人たちに上乗せされているんじゃあないかしらん? という気がするんだよねえ。

 まあそれが、本の値段に影響しているのかどうか、っていうのはわからないんだけど。世の中は、どういうふうになっていくんだろうという興味は、尽きない。