保育士試験、今年も受けてきたよ! 「保育士さんはスゴい!エラい!あこがれる!」という動機で受け始めた試験。受かっても落ちても、今年で最後です。大変さが身にしみてわかったから。

 学科は去年受かったので、今年は実技のみ。実技は去年とおなじく、「言語」と「絵画」を選択した。

 絵画は、去年は前日に「鬼!」とテーマが浮かんで、鬼を猛練習してのぞんだら、実際の試験が「鬼ごっこ」だった。今年は、テストの30分前に「ボール!」と浮かんだら、またも「ボール」というテーマで。予知かと。おどろいた。でも、30分前じゃ意味ないわ〜。

 まあ、ボールならサッカーかな、と思って描きました。ちょっと時間が余ってしまったので、服の模様を細かく描いたりしてた。

保育士試験・絵画ちなみに、今回、前日に練習していたのは、「玉いれ」でした。


 そんで、問題なのは、去年途中で真っ白になってしまった「言語」、ようは3分お話をするテストです。これのリベンジをしなくてはならないのです。
 でも、忙しくて、準備をはじめられたのは1週間前なのです。練習時間は、送り迎えの時間と、お風呂のときにたん子に聞いてもらうくらいで(汗)、よく覚えられたなあ…。たん子のほうが先に覚えたので、間違えたら指摘してくれた。

 去年のリベンジをするために、以下の3点を変更。
  • お話をカンタンなやつにする(「トイレせんちょう」にした)
  • ゆっくり話す。半笑いで。
  • コンタクトをはずす

 特に3つめ重要〜。去年は試験官の方の目を見たら、固まってしまったので…。とにかく、上がらなかったので作戦は成功。目が悪くて良かった、と思ったのはこれがはじめてだわ。

 受かっても落ちても、ホントにもうどうでもいいやという気持ち。あんな緊張すること、もうやりたくないなー。高校生のとき、みんなの前で落語をやったときくらい、緊張した。

 やれやれと帰り道、あまり使わない東武の駅から歩いて帰る途中、アンジェラ・アキの曲をiPodで聞いてたら、踏み切りの音と妙にテンポがぴったりで、面白かった。あー、終わった終わった、3連休。ほっ…。