DSC00556

走る同人誌即売会というイベント


2023年4月2日(日)、天浜線さくらトレインというイベントに参加してきました。イベントの概要は、静岡県を走る天浜線(天竜浜名湖鉄道)を貸し切って、車内でコミケ的なことをやろうというものです。新幹線で浜松へ、さらにイベントのスタート地点、「新所原」まで向かいます。今回は翌日も行きたいところがあったので、Y氏が売り子としてついてきてくれました(というか、無理やり連れてきた)。

通常は1両なので、2両の珍しい編成らしいです。地元のはるつばめさんという方が主催。走る列車の中で、桜の見所などもアナウンスしてくれて、楽しい企画をありがとうございますという気持ち。イベント用にセッティングされたテーブルに本を並べて、出発進行〜♪
DSC00560


風光明媚、まさに「さくらトレイン」



DSC00579

お天気も良く、沿線の桜がきれいでした。今年は開花が早かったので、満開をちょっとだけ過ぎた塩梅。ホームに桜を植えている駅が多いですね。写真を撮り忘れたけど、陸側から見た浜名湖が非常に美しく、見惚れていました。浜名湖って新幹線から見るとあっというまに過ぎちゃうけど、天浜線はかなりの距離を浜名湖に沿って走るのね。湖面がキラキラして、きれいだなーと眺めてました。

天竜二俣でうなぎ、見学イベントなど


1時間半ほどで、「天竜二俣」に到着。のちほど、また新所原へ戻りますが、3時間ほど休憩&見学のイベント。

その前にとりあえずお昼。駅前のうなぎ屋さんで、うなぎを…! ちゃんとお店でうなぎを食べるのっていつ以来だろ?? 焼きたてのうなぎ、パリッとしてて美味しかった。Y氏も美味しさのあまり無言。さすが静岡。(中国産かもしれないけど)
DSC00603


IMG_5627

それから”洗って!回って!列車でGO!”という鉄道会社のイベントに参加。列車に乗ったまま洗車、そのまま転車台に乗ってぐるっと方向転換するというもの。私、乗り物に乗ったまま洗車されるの大好き〜♡、なぜか。洗車はものすごく一瞬だったけど、貴重な体験でした。おそらく、死ぬときは走馬燈に流れるよ。

”洗って回って”で乗ったのは「ゆるキャン△」ラッピング車でした。いろんな車両があって、ラッピング車は内装まで凝っていて、鉄道会社の愛を感じました。ゆるキャン△車は、床に松ぼっくりのイラストがあったよ〜(松ぼっくりが着火剤として、漫画に登場する)。エヴァンゲリオン車とか、カーテンがぜんぶ違う柄の車両などもあった。

IMG_5638

イベントのガイドさんも「雅子」さんで(笑)。参加していたみなさん、ものすごく写真を撮るので、ぜんぜん動かず、なんか変な団体だなーと苦笑してました。それから、天浜線の歴史資料館や建物などを見学しました。

駅も激シブ。
DSC00647

復路も満喫


15時すぎに、また新所原へと出発。早起きしたせいか、往路はけっこうボーっとしてたんですが、復路はほかの参加者さんとお話したり、撮り鉄の人に手を振ったりして、元気に過ごしました。なんか午後から元気が出てきたの、不思議だなーと思ってたら、アレだ、お昼に食べたうなぎ効果だ。若い人が多くて気おくれしたというのもあったかもですが、もっといろんな人とお話しすれば良かったなあ。イベントに誘ってくれた俊平さん(ここんとこ、コミケで売り子をお願いしてる)も東京より参戦でした。復路はお酒も入り、盛り上がってました。

↓戦利品
IMG_5655
IMG_5656


静岡は地方鉄道がいくつかあって、もっと乗ってみたい。お天気が良い土地柄なのか、沿線に太陽光発電をちょこちょこと見かけた。天浜線、良い地方鉄道で満喫しました。主宰のはるつばめさん、おつかれさまでした。