先日上演が終了した、星組RRR。ムラ(宝塚)で1回、東京で2回、さらに、お友達と千秋楽を配信で観たので、私にしては、けっこうじっくり見ました。

IMG_8114


映画版の名場面、魚釣り少年を火事から救うシーンと、ナートゥをご存じか?のシーンがしっかり再現されていて、特に東京の上演は盛り上がりがすごかった。ダンスが激しかったので、星組のみなさん、ゆっくり休んでほしいですね。ほかにも拷問されながら歌う場面など、数々の名シーンがありました。

私は、特に舞台機構が印象的だったかな。

冒頭にジャーンと登場する、トラの大きい舞台設備。裏に階段があり、ふたつに分かれて何度もいろんな場面で使われていた。階段に座る暁千星、別のシーンでの極美真、どちらも良かったよね。

あと、上下する電飾のような舞台装置。たぶんコンピューター制御で動いている照明で、これがすごく良かった。多くの場面で背景を彩っていた。華やかにキラキラしている表現も、最後の戦闘シーンで弓矢や銃弾が撃たれる表現など…なんていうか、漫画の効果線のような効果があり、これは劇場で観た甲斐があったなと思った。

ラストシーンの、全体的な舞台の美しさが素晴らしくて、照明が…美しい…と思って、ひとりで見に行った回では泣いてしまいました。舞台装置の美しさに泣くなんて…、そんなことあるんだわ。大変幸せな気持ちで。(ちなみに、その日のチケットは、たん子が熱を出したために私が代わりに見に行ったのでした)

ストーリーは、最後まで主役のビーム(礼真琴)がジェニーに恋人扱いしてもらえず、お友達の家でみんなで観ながら笑ってました。ダンス、歌がめっちゃすごい礼さんですが、お芝居も、私はけっこう好き。さらわれた女の子に歌を歌うシーンが良かったです。

RRRが終わって、娘役トップスターの舞空瞳さんが退団を発表。ぜんぜん想像してなかったので、驚いてしばらく感想が出なかった。ああ〜、いなくなっちゃうんだ、残念。礼・舞空、ふたりの並びがとてもかわいらしくて良いので、退団になる次作もまた見に行きたいと思います。